今回は、英国「Auto Express」によるポルシェ 911 GT3 RSの試乗レポートを日本語で紹介します。


911 GT3 RS

モータースポーツとポルシェは切っても切れない関係にある。サーキットで技術を磨くことで、市販車に数多くの技術革新がもたらされてきた。この 911 GT3 RS もやはり、モータースポーツと深い関わりのある車だ。

991世代のポルシェ・911 GT3 RS を見て最初に目につくのは、突出したフロントエアスプリッター、フロントホイールアーチ上方に大きく開いたベント、そして巨大なリアウイングからなる派手なエアロパーツだ。本物のレーシングカーである GT3 R 比で80%のダウンフォースを発揮し、さらに、カーボンファイバーボンネットおよびウイング、マグネシウムルーフ、ポリカーボネートリアウインドウを採用したことで、車重はわずか1,420kgに抑えられている。

4.0L フラットシックスエンジンは最高出力502PS、最大トルク46.9kgf·m(標準のGT3よりも25PS/2.0kgf·m向上している)を発揮するのだが、排気量が増加したことでレブリミットはわずかに低くなり、8,800rpmとなっている。しかし、パフォーマンスは十分にあるし、レブリミットが低くなったこともそれほど問題にはならないだろう。フェラーリやマクラーレンなどのライバルはCO2排出量削減とパフォーマンス向上のためにターボを採用しはじめているのだが、ポルシェはハードコアモデルでは自然吸気エンジンを頑なに守り続けている。

レッドゾーンまで回すと、血湧き肉躍るような中毒性のあるエンジン音が響き渡る。しかも、トルクもあるので非常に扱いやすい。デュアルクラッチトランスミッションの7速PDK(標準のGT3同様、MTは設定されない)はショートシフトで非常に滑らかに変速し、反応も良く簡単に加速させることができる。ローンチコントロールを使い、アクセルを床まで踏み込めば、0-100km/h加速を3.3秒で駆け、最高速度は311km/hを記録する。

rear

加速は獰猛で、試乗車には6,248ポンドのオプションのPCCBカーボンセラミックブレーキが装備されていたため、制動力も莫大で、ブレーキフィールも見事だった。加速性能にちゃんと見合った制動力を備えていた。

911はリアエンジンレイアウトを採用しているため、加速時のトラクションやコーナリング中のグリップは絶大だ。ただ、見た目は刃のように鋭いレーシングカー風なのだが、その操作性は人を傷付けるほどに尖っているわけではない。この車の操作性は非常にバランスが取れており、思い通りに操ることができる。GT3の全力を発揮するためにはかなりの集中力が必要なのだが、シャシは思った通りの動きをしてくれるし、ステアリングはフィードバックに富んでいるため、ドライバーと車がしっかり意思疎通することができる。

攻めた走りをするかどうかはドライバー次第だが、正しい攻め方をすればとても楽しめる。前後ともトレッドが拡大しているため、ターンインは非常にシャープで、Gフォースを感じるごとに自信が溢れ、車の挙動を直感的に理解することができる。これにはステアリングも寄与している。この電動パワーステアリングは991の中では最高のセッティングだ。

走行モードを選択することができるので、一般道を普通のスピードで走るだけでも楽しめる。野性的ながらも非常に楽しい車だ。RSの名に恥じない実力を持ちながら、日常的に使えるだけの実用性も兼ね備えている。

interior

従来のRSはハードで頑固な車だった。一方、新型RSは走りこそ従来同様ハードコアなのだが、サスペンションはよりしなやかになり、2種類のセッティングを持つアダプティブダンパーが採用されたことで、快適性は 911 GTS と同程度となっている。

もちろん、スポーツモードにすれば飢えたレーサーへと変貌する。軽量化のために遮音材が省略されているため、高速道路を走ると大径タイヤからは騒音が響き、ボディの下で跳ねる小石の音さえも伝わってくる。けれど、918と共通のカーボンファイバーバケットシートはかなり快適で、長距離移動には非常に適している。

ナビは2,141ポンドのオプションで、試乗車にはオプションカラーのラバオレンジ(1,805ポンド)が塗られ、393ポンドのブラックホイールが装着されていたため、非常に目を引いた。唯一、給油だけは厄介だ。燃料タンクはわずか64Lで、カタログ燃費が7.9km/Lなので、航続距離はあまり長くない。


Porsche 911 GT3 RS 2015 review