今回は、次期型アウディ・R8のプロトタイプモデルの、米国「Car and Driver」による同乗試乗レポートを日本語で紹介します。


R8

およそ12年前、アウディは同ブランドのスーパーカーの展望を示すコンセプトカー、ルマン・クワトロ 2003を公開した。そしてその3年後、このコンセプトカーは市販モデルのR8へと変貌した。初代R8はランボルギーニ・ガヤルドとプラットフォームを共有しつつ、スーパーカーのパフォーマンスと日常使用での実用性を融合させている。現在、アウディは2代目R8の発売を目前に控えており、今回我々はスペイン・アスカリレーストラックでのそのプロトタイプモデルへの同乗試乗に招待された。今回は、レーシングカードライバーのフランク・スティップラーの攻めた運転に数周同乗させてもらい、また開発者から様々な話を聞くこともできた。

新型R8について1つ確かなことがある。0からアウディが開発したモデルではないということだ。新型R8には従来モデルから完全新設計されたMSS(モジュラー・スポーツ・システム)と呼ばれるプラットフォームが採用されている。このプラットフォームはランボルギーニ・ウラカンと共通のものだが、ポルシェ・911とは何の関係もない。同じフォルクスワーゲングループの一員として、ポルシェとアウディは次世代のスポーツカーを共存させ、相乗的に利益を生み出す必要がある。そして新型R8の計画はポルシェがフォルクスワーゲングループの一員になる前に開始されていた。

材質をうまく組み合わせたことで、新型R8の車重は従来モデルよりも45kg以上の軽量化を果たしており、また重心も下げられている。さらに新型ではパワーも向上している。自然吸気5.2L V8エンジンはわずかに改良されており、8,850rpmでレッドゾーンに入る高回転型の新エンジンは最高出力547PS(従来モデルは532PS)を発揮する。またR8 V10プラスではさらに71PS向上して618PS(従来モデルは558PS)となっている。発売時にはV10モデルのみが設定される予定で、当初はV8モデルは設定されない。

パワーが向上し、車重が減っているため、言うまでもなく新型モデルは速くなっている。アウディによると、0-100km/h加速は標準モデルで3.5秒、V10プラスでは3.2秒となるという。また、最高速度はそれぞれ、323km/h、330km/hとなるという。

エンジンは従来的だが、トランスミッションに関しては一歩踏み出したものを使っている。従来モデルに備わっていたメタルのゲートシフター付きの素晴らしいマニュアルトランスミッションはなくなっている。新型モデルには7速デュアルクラッチトランスミッションのみが設定される。コンソールシフターは未来的だし、変速は非常に早いのだが、それでもマニュアルモデルがなくなってしまったことは残念だ。

従来同様、新型でもトルクはアウディのクワトロ4WDシステムを介して四輪へと伝達される。デフォルトの駆動力配分は後輪よりだが、前後駆動力配分は0:100~100:0まで変えることができる。ホイールは標準で19インチとなり、20インチホイールもオプションで設定され、同様にカーボンセラミックブレーキもオプションだ。新型には水冷フロントディファレンシャルやパッシブ式LSD、電動パワーステアリングが備わっている。また、可変ダンパーのマグネティックライドは従来同様オプションとなる。アウディのドライブセレクトスイッチはステアリングに配されており、中でも究極のモードである「パフォーマンス」ではスタビリティコントロールシステムを完全にオフにすることができる。

新型R8のデザインは進化してはいるが、それでも従来モデルを古いと感じさせるようなものではない。新設計のフロントグリルやプレスラインからは最新のアウディのモデルとの共通性も感じられる。また、ドア後部に配されるサイドブレードのデザインも改められている。新型のサイドブレードは窓の後部とドア部分後部の上下2つに分けられている。従来モデル同様、サイドブレード部分はボディカラーとすることもボディ別色とすることもカーボンファイバーとすることもできる。新型ではLEDヘッドランプが標準装備となり、オプションでレーザーヘッドランプが設定される。もしアウディがアメリカ政府と争って時代遅れの灯火器規制を改めることができれば、後者もアメリカで設定されるかもしれない。

新型TTの進化同様、新型R8も、メーター部分にTFT液晶が配された「バーチャルコックピット」を採用した未来的なインテリアとなっている。ステアリングスイッチには、ドライブセレクト機能以外には、エグゾースト設定やイグニッションが配されている。

将来的にはオープンモデルのR8スパイダーやエントリーモデルのV8もしくはV6ターボが登場することを願いたい。また、レースエントラント向けのモデルの登場も予想されているほか、後輪駆動電気自動車のR8 e-tronの登場も予定されている。


2016 Audi R8: We Ride in and Detail the Next Four-Ringed Supercar