英国「Auto Express」によるダチア・ダスターの試乗レポートを日本語で紹介します。


Duster

お買い得さは最近では車の大きなセールスポイントになっている。そしてルノーの低価格ブランドであるダチアは、2013年1月よりイギリス展開を開始し、安さを武器にしたモデルを販売していく予定だ。

そんなダチアから最初に発売されるのがコンパクトSUVのダスターだ。1.6Lガソリンエンジンを搭載するエントリーグレードの「Access」の2WDモデルは、8,995ポンドという信じられないような安さだ。この安さでオフロード走行も考えられて設計された、がっしりとした見た目の5シーターコンパクトSUVが購入できる。

このグレードの装備内容はスパルタンだ。ホイールはスチールだし、バンパー類は樹脂製でドアミラーは手動式だ。それでも、リアシートのヘッドレストはちゃんと3つ付いているし、フロントはパワーウインドウが付いている。

中間グレードの「Ambiance」と最上級グレードの「Laureate」にはディーゼルモデルのみが設定され、駆動方式は2WDと4WDを選択できる。最上級グレードでもわずか14,995ポンドという価格設定で、ダチアはこの最上級グレードが最量販となると想定している。今回は、「Laureate」の2WDモデルをイギリスの道路で試した。

ヨーロッパでダスターを見たことがある人もいるかもしれない。この車の見た目はどっしりとしている。この角張ったデザインは他の4x4とは見紛いようがなく、また前後オーバーハングが短いので4WDモデルはオフロード走行にも適している。

ダッシュボードはダチア独特のデザインで、センター部分には変わったブラウンの金属製パネルが配されている。これは木目でもなければメタルでもなく、なかなか目立つ。

interior

スイッチ類にはルノー車と共通のものも見られる。インナードアハンドルや電動ドアミラースイッチなどはルノーとの共用部品で、しかもミラーのスイッチはサイドブレーキレバーの下という変なところに配されているので運転中に操作はできない。

他にもうまいコストカット方策がとられている。後席パワーウインドウのスイッチはセンターコンソールの後ろに1組だけ付いており、このため前席からも後席からも操作することができる。これによりいくらか配線が省略できるというわけだ。

後部座席のスペースは悪くなく、大人が3人わけなく乗ることができる。荷室スペースは475Lで、これは日産・キャシュカイよりも65L大きいが、トノカバーは薄っぺらく安っぽい。

道路ではダスターは快適だし、サスペンションは路面の衝撃をしっかりと吸収してくれている。ロールはかなりあるが、おそらくこの車に乗ってコーナーを攻めようという人はいないだろう。

1.5 dCi ディーゼルエンジンはルノーのおなじみのユニットで、少し騒々しくはあるが6速MTのおかげで応答性は高く、燃費性能も悪くない。

ダチアは今後イギリスにディーラーを127店舗開設する予定だ。ダスターには3年間の保証が標準でついており、オプションで5年もしくは7年保証とすることもできる。


ダスターは見た目も悪くないし、室内空間も広く、ランニングコストも安い。しかも、コンパクトハッチバックと同じくらいの値段でありながら、同価格の車ではありえないレベルの広い居住スペースと荷室スペースを備えている。ダチアは低価格戦略と顧客サービスの充実により英国市場での成功を企てている。果たしてイギリス人はこの車に魅力を見出すのだろうか、それは発売されてみないとわからないだろう。

Dacia Duster review