トヨタ・ヤリスはヴィッツの輸出名として使われていますが、ヴィッツが3代目となった現在は、中国や台湾、タイ、インドネシア、フィリピンなどではヴィッツとは全く別のハッチバックがヤリスの名称で販売されています。

今回は、フィリピン「Autoindustriya」によるアジア仕様ヤリスの試乗レポートを日本語で紹介します。


Yaris

フィリピンではハッチバックが伸びている。ここ2年で、フィリピンに展開する大手自動車メーカーは、セダン志向の強いフィリピン市場にこぞってトランクのないモデルを投入している。三菱・ミラージュやシボレー・ソニック、キア・リオ、ヒュンダイ・イオン、ヒュンダイ・グランドi10、トヨタ・ウィーゴ、マツダ・3(日本名: アクセラ)、ホンダ・ジャズ(日本名: フィット)、ホンダ・ブリオなどがその一例で、今後登場が予定されているモデルも多い。

このうちの一部のモデルはフィリピン市場にとっては目新しい名前だが、ヤリスは先代モデル(日本名: 2代目ヴィッツ)もフィリピンで販売されており、そのさらに前の初代ヤリス(日本名: 初代ヴィッツ)はフィリピンではエコーの名前で販売されていた。ただし、これらのモデルは特にヤリスのセダン版であるトヨタ・ヴィオスと比べると販売台数は非常に少ない。ハッチバックとセダンの価格差は非常に小さく、改めて考えれば販売台数に大きな差が開いたのは奇妙なことだ。では、新型ヤリスはトランクの付いた兄弟との差を埋めることはできるのだろうか。

まず見た目だが、ヤリスはベースとなっているヴィオスからただトランクをとっただけのモデルには見えない。共通項として台形のモチーフを取り入れているという点を除けば、フロントフェイスはヴィオスとは似ても似つかないものだ。あえて言うなら、三菱・ランサーEX(日本名: ギャランフォルティス)に…あるいは『キル・ビル』のパイ・メイに似ている。

珍しいことに、ここフィリピン市場に投入されるヤリスはアメリカや日本、オーストラリアに投入されるヤリス(ヴィッツ)とは別設計だ。ASEAN/中国専用設計のヤリスと聞けばなんだか下に見られているような気にもなるが、こちらのモデルは日米仕様のヴィッツよりもボディが明らかに大きく、室内も広い。ヴィッツは3.9m未満だが、フィリピン仕様のヤリスは約4.1mだ。

どちらにしてもヤリスのフロントフェイスは印象的で、テールゲートもスタイリッシュなので、多くの部分を共有しているにもかかわらずヴィオスとは全く異なる印象だ。そしてこの車がヴィオスをベースにしているということはドアを開ければすぐに明白になる。

interior

ダッシュボードやシート、スイッチ類、ステアリングなどのようなインテリアの構成要素に見覚えがあるなら、それはヤリスのインテリアが基本的にはヴィオスをベースとしながらも差別化が図られているからだ。例えば、ヤリス1.5Gはベージュ基調のヴィオス1.5Gとは異なり、黒基調のため、スポーティなインテリアになっている。また、黒とコントラストをなすように、エアコンの操作系のバックライトやオーディオ、メーター、シートのステッチにオレンジ色が用いられている。もしヴィオスよりもスタイリッシュで派手なインテリアが良ければ、このコントラストは素晴らしいと言えるだろう。

セダンの兄弟と比べてヤリスが実に優れているのは、リアシートを畳めば広い荷室スペースが生まれるという点だ。大きなダンボールや、あるいは自転車でさえ、この車には載せられる。クラスリーダーとも言えるホンダ・ジャズの方が万能性や積載量の面では勝っているが、それでもフラットに畳めるシートやリアハッチのおかげで荷物を積むのは楽だ。

この車の心臓は、最高出力107PS、最大トルク14.4kgf·mを発揮する1.5Lのツインカム16バルブ4気筒エンジンだ。これがどこかで聞いたことがあるように感じるのも無理はなく、この車に搭載されるのは、現行および先代ヴィオスや先代ヤリスと同じ1NZ-FE型エンジンだ。そして同様に、4速ATもキャリーオーバーされている。

街中では、ヤリスの走りは期待通りだ。スムーズだし、運転しやすい。マニラ首都圏の舗装の悪い道でも衝撃のほとんどはしっかりと吸収されるし、舗装のいい道では静かで乗り心地も素晴らしい部類に入る。また、驚くべきことに、この車は道行く人々の注目をあびることもあった。

ヤリス1.5G ATはヴィオスの1.5Gとほとんど変わらない燃費をマークしている。今回の試乗での燃費は8.3km/Lだったが、これは試乗を行ったのが交通量の多い場所だったということも影響しているだろう(快走路では平均18km/L程度だった)。高速道路ではヴィオスよりもいい12.5km/Lをマークした。

トランクがなく、リアオーバーハングが短くなっているため、コーナーではよりかちっとしており、それにスピードを出して曲がるのが楽しい。コーナーをどんどんと曲がっていけば自然に笑顔が溢れてくるし、それにヴィオス同様ブレーキ性能は驚くほどいい。ヤリスのワンメイクレースなんてのも面白そうだ。

新型ヤリス1.5Gは2014年はじめに鳴り物入りで発売されたが、それよりも数カ月前に似たようなスペックのホンダ・ジャズ1.5V CVTが発売されている。タイ製のヤリス1.5G 4ATは84万5,000フィリピン・ペソだ。ちなみに、ヴィオス1.5G 4ATは84万7,000フィリピン・ペソ、ジャズ1.5V CVTは80万8,000フィリピン・ペソだ。

では結論を言おう。ヤリスは楽しい小型車だし、エンジンを始めとする様々なパーツをヴィオスと共有しているため、低い価格設定となっており、整備性も高く、それにこの車はそれなりに速い。ただ、正直なことを言えば、ハッチバックがどんどん発売されても依然セダンに固執し続けているこのマーケットにおいては、ヤリスがヴィオスより売れることはないだろう。それでも、XP150型ヴィオス/ヤリスの2台の兄弟の中で、ヤリスのほうがスタイリッシュと言える。

販売面ではフィリピンで最も売れている車であるヴィオスに到底及ばなかったとしても、ヤリスはフィリピンにハッチバックの風を吹き込む大きな役割を果たすことだろう。


2014 Toyota Yaris 1.5G AT